スポンサーリンク

貯蓄と投資のバランス、その優先性は?

内科医
おはようございます。
2019年秋は例年になく株価が絶好調を示しており、含み益が大きく膨らんでいる方も多いのではないかと思います。
私自身も、昨年12月に仕込んだ株に関しては予想以上に利益が出ています。
とはいえ、今のような順調な相場がずっと続くことはありませんから、好調なときほど気を引き締めて相場に望みたいと思います。
さて、当ブログの読者の方から、
1) 貯蓄と投資はどちらを優先すべきか
2) 投資はどのタイミングで開始すべきか
というご質問をいただくことが増えました。
本日はこのご質問に対して回答させていただきます。
 
貯蓄と投資のバランス、その優先性は?
結論です。
1)に関しては、私はどちらかと言うと保守的ですので、当然「貯蓄を優先すべき」という回答になります。
より正確には、「貯蓄癖をつける」ことが最優先だと思います。
2)は興味を持った時点が始め時でしょう。
 
「貯蓄癖」をつけることが最優先
資産形成を行ううえで最も大切なことは、「貯蓄癖をつける」ことだと思います。
貯金や投資金額の多寡ももちろん重要ではありますが、それ以上に資産形成を効率的に行うための生活態度が身についているかが重要です。
投資の成績は市場の動向によって大きく左右されますが、一度身につけた習慣・スキルというものは基本的に永続的だからです。
株価のような自分の力ではどうすることもできない物ではな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました