スポンサーリンク

永久ホールドに値しない銘柄を「バイ&ホールド」し続けても無駄

内科医
おはようございます。
投資の世界で、「バイ&ホールド」という言葉をよく聞きますが、実際にホールドし続けるのは簡単そうに見えて意外に難しいことです。
また、ホールドしても永久に報われない銘柄をホールドし続けるのは、戦略というよりもただの無謀であり、絶対に避けなければなりません。
なんでもかんでも買ったらホールドすれば良いというわけではなく、ホールドするに値する銘柄であるかどうか見抜く目が必要です。
そのあたりの自信がなければ、個別株には下手に手を出さず、超長期で見れば上昇が約束されているインデックス投資がおすすめです。
 
永久ホールドに値しない銘柄を「バイ&ホールド」し続けても無駄
誰もが経験ある「自分が購入した直後から値を下げ続けてナンピン買い」
個別株投資の経験がある方ならば、自分が「今だ!」と自信を持って購入した銘柄が、買った直後からひたすら下げ続けるという経験があるかと思います。
購入時価格から少し値を下げますと、相対的に割安に見えますので、ほとんどの方がある程度値を下げたところでナンピン買いを行います。
ナンピン買いを繰り返すと、徐々に平均取得価格が下がっていきますので、あたかも「良い買い物」ができた気分になりがちです。
しかし、平均取得価格が下がり続けているということは、取りも直さず株価が右肩下がりであることを意味します。
含み損は確定するまで損失では

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました