スポンサーリンク

楽しきリセット

内科医
  この9月12日,私はついに還暦となりました.  これまでも40歳,50歳と年齢の節目のたびにその重みとでもいうものを感じてきましたが,まだまだ自分には先のことと思っていたこの年齢に達したことに正直まだ実感が湧かないと同時に,今までの節目以上に重みを感じています.  一昔前は,五十代,六十代と言えば,立派な年寄りでした.あのサザエさんの父親の波平の設定年齢が54歳というから驚きですし,幼少時によく遊びに行った母方の祖父母もまだ五十代でしたが,典型的なおじいちゃん,おばあちゃんという感じでした.  しかし今や世界トップクラスの平均寿命を誇るようになった我が国では,この年代の位置付けは当時とは全く異なっています.心身ともに若くなっているのはもちろん,社会的にも完全に引退してしまっている人を探す方が難しい.  それに何より,少子超高齢化,核家族化,格差の拡大も相まって,定年後は孫の相手でもしながら悠々自適,趣味三昧の隠居生活などということはぼ少なくとも庶民にとっては不可能となっています.また65歳以上という高齢者そのものの定義を見直す動きさえあり,人生100年時代と言われるようになったこの時代,ある意味当然の成り行きかもしれません.  でも街の書店を見渡すと,定年後の生き方,社会との関わり方,健康や介護,お金,終活などに関する

リンク元

内科医
スポンサーリンク
Dr Ohkadoをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました