スポンサーリンク

進行肝臓がんに対する集学的治療

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさん、おはようございます2代目ガンちゃん先生です連休は、少し風邪をひいておりました9月は沢山の治療が入っていて、休んでる暇はありません気合いを入れて、もう回復しとります!本日ご紹介しますのは、去年の5月から治療を開始した進行肝臓がんの患者さま岩本内科に最初に来院された時は、癌は10cm門脈の一番太い所、門脈本幹への浸潤と下大静脈へ浸潤副腎に転移が見られる状態でした余命は3-4ヶ月でしょうカテーテルを留置し、肝動注化学療法 New FP療法に加えて、門脈動脈同時塞栓療法をそして、癌が門脈に入り込んだ場所には放射線治療、転移に対しては抗癌剤の内服薬 レンビマを今回、レンビマからカテーテル治療に切り替える為に、システムIという特殊なカテーテルを留置しましたあの手この手を使って癌を制御していきますこの様なあの手この手を使う治療方法を集学的治療と呼びます集学的治療は癌の治療を一生懸命している医師には賛同が得られるのですが、それをマニュアル化、ガイドライン化する事は非常に難しい為、全国的には受け入れられないのですあらゆる手段を適切なタイミングで使う事によって余命3-4ヶ月が、今で1年4ヶ月これから

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました