スポンサーリンク

鼻プロテーゼが原因のトラブルなのに、プロテーゼを抜かずに自己組織移植を行った失敗例

外科医
鼻プロテーゼが原因のトラブルに対しては、プロテーゼを抜かない限り解決しません
30代の女性、Nさんは鼻が低いのがコンプレックスで、15年前に、某美容外科で鼻にL型のプロテーゼを入れる手術を受けました。
年数がたつにつれてプロテーゼがおでこのほうにずれ、それに引っぱられて、鼻先が上に向き、ブタ鼻のようになってしまいました。
そこで、1年半前にプロテーゼを抜いてもらおうと、別のクリニックに相談に行きました。テレビで派手に宣伝をしている有名な美容外科クリニックです。
鼻に入れたプロテーゼが原因で起きているトラブルを解決するには、根本原因のプロテーゼを抜くのがあたりまえですが、このクリニックの担当医師はどういうわけか、プロテーゼはそのまま残し、鼻先に耳の軟骨を移植して鼻先を下に下げる方法を選択したそうです。
わかりやすく例えるならば、「虫歯で穴が開いてしまった歯に対し、虫歯部分を取り除かず、そのまま上からフタをしただけ」といったようなあり得ない治療法です。
案の定、1年ほどたつと、鼻先に移植した軟骨の輪郭がほんのり浮き出てくるようになり、さらに鼻先の皮膚も白く変色してきました。
そこで、鼻の修正手術を専門的に行っている当院を受診されたわけです。
Nさんの問題点は、上の図のように、鼻先に移植した軟骨が後ろから、L型プロテーゼの角の部分に押され続けたことが原因で発生しました。
つまり、L型プ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました