スポンサーリンク

カテーテル治療とレンビマ・・進行肝臓がんの治療戦略

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です昨日から岩本内科での診療を始めています昨日は・・・大忙しでしたアメリカ学会に参加したしわ寄せで・・・(笑)仕方ありません僕だけが忙しいかと思いきや外来を140名近く来られましたしどうやら、どこもかしこも忙しかった一日でした本日、ご紹介しますのは前医では治療が困難になったステージ4bの肝臓がんの患者さま関西地方から来て下さっています2017年に年末に癌が門脈に入り込んだ状態が分かり前医で加療されてきましたが、だんだんと効果が出ず今年の2月に当院を受診来院された時は癌は門脈に入り込み、肝臓内には無数の癌がある状態それをカテーテルを使って門脈動脈同時塞栓療法と肝動注 New FP療法で制御してきましたすでに当院での治療からでも9ヶ月癌が門脈に入り込んだ状態が分かってからも約1年肺転移と胸部のリンパ節への転移が最近、分かったのでレンビマという内服の抗癌剤を1ヶ月前から開始1ヶ月で手足の皮が炎症を起こす副作用が出てはいるのですが、胸のリンパ節転移を見てみると、大きさは変わりませんが、内部が強く壊死している状態レンビマは癌の血流を落とす力は非常に強く40

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました