スポンサーリンク

【4%ルール】年間生活費の25倍を目指して資産形成を続けること

内科医
おはようございます。
先日、FIREについて以下の記事を書きましたが、予備知識を入れるために数冊FIREに関する書籍を読みました。 
www.churio807.com
その中で、どの書籍にも共通して記載されていたのがトリニティ・スタディという研究に基づいた「4%ルール」です。
最近のFIREブームによってすでに4%ルールについては聞いたことがある方も多いかもしれませんね。
本日は、「4%ルール」の詳細について検討します。
【4%ルール】年間生活費の25倍を目指して資産形成を続けること
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. トリニティ・スタディからの重要な学び
2. 年間生活費の25倍のポートフォリオを目指して資産形成を続けること
3. 支出が少なく、「3%ルール」で生活できれば盤石
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. トリニティ・スタディからの重要な学び
トリニティ・スタディとは、リタイア後のお金の運用方法について、1926年〜1995年までの米国株や債券のデータを元に解析した研究です。
詳細は省きますが、その研究によれば、株式部分や債券部分を適切に分散された金融商品で保有した場合、
毎年4%までの引き出しであればほぼ100%の確率で30年後になってもお金が尽きることはなかったということです。
米国での研究ですので、株式部分はS&P500(VOOやIVV

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました