スポンサーリンク

言うことを聞いてくれない患者から学んだこと

その他ドクター
 研修医になったばかりのときの話。入院中の患者に糖尿病があることが判明した。投薬治療が必要ということになり、指導医より血糖降下薬の処方を指示された。自分は患者にその旨を説明しに行ったが、なんと投薬を拒否されてしまった。 これにはとても驚いた。当時の自分は治療を拒否されるなんてことは、まったく想定していなかったからだ。 こちらの言うことをまったく聞いてくれない患者が時々いる。今回はそんな患者の話。100%の信頼は正しいか? 話をよく聞いてみると、「以前も高血糖を指摘されたことがあり、その時は運動と食事改善のみで改善した」と。今回も必ず下がるはずだと訴える。 しかしもはや食事や運動でどうにかなる段階ではない。患者のためを思って説得を試みたが、まったく聞く耳を持ってもらえなかった。 自分は「患者のためを思って言っているのに!」「なんで信用してくれないんだ!」とやるせない気持ちになった。 そんなときに精神科医・春日武彦先生の書籍に出会った。 「治らない」時代の医療者心得帳―カスガ先生の答えのない悩み相談室>>治療法がない病気をどうみるか 【医学書評】「治らない」時代の医療者心得帳 春日先生は100%の信用よりも、70%くらいの信用の方がまともだと言われている。多くの患者さんは医者のことなんかせいぜい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました