スポンサーリンク

人の死とは? 内科医としての視点

内科医
人間は生があり、また死がある。内科医に取っては出産は…ポリクリ(学生時代の研修)以外では見ないのが実情。加えて…内科医に取っては、さ。人の死を「看取ること」が仕事なんですよね。民間病院にいれば…沢山の人の死を見つめなくてはなりません。なぜか?といえば…死亡診断書には死亡病名記入欄がありますが…内科医の領域では、肺炎やうっ血性心不全、老衰との病名でも記入が出来ます。他の科の医師には出来ないことが内科医に出来る訳です。。。そんなことから死を見つめることも多いのが内科医です。民間病院に行けば…沢山の人の死を見つめなくてはなりませんよねぇ。大病院では…最後まで看取ってくれるだけの余裕がありません。そうだなぁ…民間病院にもいたことがある内科医として働いて30年余り、死亡診断書を書いたのは500人を超えていると思います。。。今のクリニックで死亡診断書を書いたのは1人だけかな。そんなことを経験していると…この世に生まれたことが果たして喜ぶべきものなのか?亡くなって行く人を診ると…「お疲れ様でした」などと感じます。加えて「次の新しい人生では…素敵な人生にして欲しいよなぁ」と望みます。(自分は輪廻転生を確信しています)実感していない人が多いと思いますが「人間の生と死は紙一重」です。次の日まで生きているという確証もありません。だからこそ…懸命に生きることが大切だと思われてなりません。死の根本原因は色々

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました