スポンサーリンク

日々の鍛錬!

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございますやるべき事が多すぎてちょっと困っている2代目ガンちゃん先生ですとは言え、こういう時こそ一つずつやっていく事が大切なのも知っています (笑)大学での仕事、岩本内科でのやるべき事、一つでも多いのに、二つともやろうとしている事が普通であれば間違っているのですが、、、その二つをやるからこそ意味があるのです・・と自分に言い聞かせています (笑)さて、火曜日は岩本内科での治療日でした多発肝臓がんの方へカテーテル留置を行い、治療を開始しましたこの方も前医で内服の抗癌剤を投与されそのまま見ている間に癌が進展してしまった方ですこれから、こういう方が増える可能性があって、ちょっと心配です今回のカテーテル留置はGDAコイル法という手技でなかなか大変な手技なのですカテーテルを動脈に入れて、血管を評価して、アンギオCTで癌の評価をして、右胃動脈にカテーテルを入れて、コイリング(金属の糸で血流を遮断する)して、膵臓の動脈にカテーテルを入れて、コイリングして、留置用のカテーテルへ入れ替え作業を行い、接続用ポートを埋め込みます。これらの作業後、薬剤を投与し、確認のCTを行い終了ですこれが一連の流れ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました