スポンサーリンク

乳がんで子どもが産めない?

「もう子どもが産めないんだ」――乳がんの治療をはじめてから、周囲にそう漏らしたことがあるそもそも私は乳がんがわかる半年ほど前、子宮筋腫の摘出手術を受けていた手術は、“子宮筋腫核出術”という術式で、“筋腫だけを取り除き、 子宮はそのまま残す”というもの筋腫はかなり大きく複数あったため、  ○10cm・・・1個  ○ 8cm・・・1個  ○2~3cm・・・4個「このままでは子どもが産めないよ」と、婦人科の医師に言われ受けた手術だった  受精卵が着床したとしても、  10cmと8cmの筋腫に子宮が挟まれているため、  子どもが育たないとのことだったが、その半年後、乳がんを告知される結局、出産はできなくなったわけだ『子どもが産めない=婦人科に問題あり』...と、多くの人は思う私も自分が乳がんになって初めて、がん治療が原因で子どもが産めなくなることを知ったくらいだそのため、「子どもが産めなくなった」そう言うと、以前に受けた筋腫の手術のせいだと思われる「え? 乳がんで子どもが産めなくなるの? おっぱいなのに?」と、不思議がられる私自身も、「婦人科の病気で 子どもが産めなくなるかもしれない」と、思ったことはあるが、まさか乳がんが、“出産”という幼い頃からの夢を奪うとは想像さえしていなかったがんは、正常な細胞より分裂が早い化学療法は、その増殖の早い細胞を攻撃するようにつくられているそのため、比較的

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました