スポンサーリンク

調子良く笑顔で働けるゴールデンウィーク。仲間に感謝。

医療機関
大好きな和歌山の片男波を見て、帰りに場末のラーメン屋で和歌山ラーメンを早寿司とゆで卵と一緒に、食べるのが僕の癒やしだ。  先日もどうしようもない悲しみに暮れ、夜中に、近畿自動車道を南下した。 この道は、大学時代の南大阪の彼女の家に通う時に慣れ親しんだ高速道路。(この話は内緒((笑))) 今と同じで、夜中のドライブが多かったから、決まって、サザンを熱唱して、眠気を抑えたものだった。 先日も夜になって三田を出たので、帰りは遅くなった。閉店間際の和歌山の場末の昭和な中華料理屋さんに飛び込んだ。 男前の南国育ちで日焼けした店主が、水を運んでくる。和歌山ラーメンの太麺のやつと天津飯を頼んだ。その日は、早寿司とゆで卵はやめにした。 厨房では、店主の弟らしき人が手際よく料理する。 出てきたラーメンのスープをグイって飲む。もうなぜだか、ホンマのほんとに、ホッとした。ジワーって胃袋が暖かくなって、肩の力が抜けてきた。 食べてる時、ラジオからはサザンの『旅姿六人衆』。大好きな曲だ。こうしたタナカのリカバリーを三田で待つ仲間のことが思い浮かんだ。 店主の母上らしき方が、1250円。マネークリップから千円2枚出しかけて、細かいのありまっか?って、言われ、え~~と、ありますあります。百円2枚と50円玉。&nb

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました