スポンサーリンク

坊主は坊主 損得勘定に乗っかっていて何を説く??

健康法
まぁ、あほらしい。他でと取り上げていたもので二番煎じかもです。「損得勘定で生きる人ほど、最後に損をするワケ」禅僧が教える"心が整う"選択のコツ 【回向返照】外ばかり見ないで己の内側を照らしなさい損得を基準にした判断は将来を保証しないしかし、損か得かという判断は、必ずしもその通りの結果になるとは限りません。たとえば就職の際、人気がある会社に入れたとしても、その会社が10年後、20年後にどうなっているかは予想がつかないことです。20年前、30年前であれば就活生の人気ランキングでトップの座にあった銀行にはもはや昔日の勢いはありません。本格的なAIの時代を迎え、業務形態そのものも根本から変革を迫られています。結婚なども損得で決めることがありますが、その通りにならないことはいくらでもあります。相手がお金持ちの実業家だから結婚を決めたとしても、会社経営がうまくいかなくなり、お金持ちではなくなる可能性があったりするわけです。反対に、損と思えた選択が、あとになってみるとそうではなかったということもいくらでもあります。不本意ながら入った会社で、思いがけずいい人といい仕事に出会い、運勢が開けたといったこともよくある話です。
このように損か得かという判断はまことに当てにならないものです。この世のすべては常に変化していますから、損か得かという状況がくるくる変わるのは当たり前のことなのです。
人の運命は

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました