スポンサーリンク

病気平癒の神よりのメッセージ【すべての物事に学ぶ気持ちと感謝の念を】

その他
2022年5月18日「あなたがたにとって限りがあるものとは、今世授かった命(=寿命)であり、なおかつ人生という一続きの“時(時間)”でありましょう。これらは、現象界においてはなお一層意味合い深く、それゆえ、われら(神々)もまた大切に見据(みす)えております。では、ここでいうところの、大切に見据えることの意味は、一体何でしょうか。人の寿命は限りあるゆえ、その寿命がまっとうされるまでの日常にこそ、限りなきほどの経験(体験)ができるのです。経験は学びにつながり、これらを重ねゆくことで、魂もまた向上する。ゆえに、命ある限りありとあらゆる経験を積み、今世ならではの魂の向上を図ることを、われらはあなたがたに求めます。たとえば、病に伏したときでさえ、この経験を通じ、人は多くを学ぶことでしょう。あるときには、わが身を省みる機会、さらには人生の意義にまで思いを馳(は)せるやもしれません。こうした一つひとつの出来事を自らの血肉(=糧)とし、今世の目的(役目)をまっとうしていただけることを願っております。生身の肉体をもつ人間ゆえに、その仕組みは実に複雑でもあり、病が思うように治癒せぬこともあるでしょう。遅々として快方に向かわぬもどかしさも、当人は元より、周囲(の人)も抱くほどです。ですが、進みゆくべき存在が、地球の生命です。(病などの)苦難のさなかに、それでも心を歪(ゆが)ませず、深い学びを得たことに感

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました