スポンサーリンク

寄付できるのは、ほんの少しの小銭と髪の毛。

その他
「いつかはヘアドネーション」そう思いながら、何年経ったか――私がはじめて“ヘアドネーション”を知ったのは、今から7年ほど前がんを経験した本人やその家族が登録できる、会員制交流サイト(SNS)がきっかけだったそのサイトに登録している男性が、「僕はできませんが...」と、教えてくれたのだ今では芸能人や著名な方々、一般のひとたちに広く知られているヘアドネーション女性だけではなく男性のスポーツ選手や、小学生の男の子までお尻まで髪を伸ばして寄付をしていた私が住んでいる地域でも、髪の毛を寄付している人たちが増えている実は、プロボウリング界でも広がっている「“ひと”って、優しいなぁ...」と、思う  【ヘアドネーション】とは――   “病気で髪の毛を失った子どもたちに    ウィッグを贈ろう”という運動   必要な髪の長さは、31cm以上    (50cm以上の髪の毛が     圧倒的に足りていない)   ひどく傷んでいなければ、   カラーリングしていてもOK   白髪でもOK   詳しくは下記へ  ☆Japan Hair Donation & Charity(JHD&C;ジャーダック)  ☆キナリノ   ※右サイドバーの【リンク集】にも    リンクあり“31cm以上”という長さは背の低い私にとっては、意外と高いハードルいつも鬱陶しくなって途中で切ってしまうのだ「再発をして抗

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました