スポンサーリンク

「国民皆歯科健診」導入の可能性と歯科健診の重要性

内科医
おはようございます。
以下の記事によれば、「国民皆歯科健診」が導入される可能性があるようです。
news.yahoo.co.jp
この施策が投入する金額に見合った価値があるか私には判断ができませんが、定期的な歯科健診の重要性は言うまでもありません。
「国民皆歯科健診」が将来導入されるかは不明ですが、他人から強制されずとも最低年2-3回は自主的に歯科医院を受診し歯のチェックを受けましょう。
「国民皆歯科健診」導入の可能性と歯科健診の重要性
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 歯の健康が肉体の健康にもつながるのは常識
2. 自主的に最低年2-3回は歯科健診を受けましょう
3. 家庭での歯のケア方法とおすすめのグッズ
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. 歯の健康が肉体の健康にもつながるのは常識
歯の健康状態が肉体の健康にもつながるのはもはや常識です。
歯周病は糖尿病などの生活習慣病との関連が指摘されていますし、歯の衛生状態が悪い高齢の方は満足に食事をとれなくなり、栄養状態の悪化や誤嚥性肺炎などのリスクも上がります。
若いうちは丈夫な歯で普通に食事を食べられることにありがたみを感じる場面は少ないですが、歯がボロボロになってからそのありがたみを実感させられる方は多いでしょう。
歯の病気は長年の積み重ねで少しずつ進行することが多く、一度ボロボロになった歯の状態を改善させるの

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました