スポンサーリンク

稲穂の神【実りは長き時代(とき)をかけて】

その他
2022年6月7日「地球における“実り”ーーー いわば、人々に恵みをもたらすものは、ただその一時(いっとき)のみの姿が現わされるのではありません。そこに至るまでの“道程”(=過程)が、まさに実りに集結し、ゆえに、実りは大いなる“深み”をもたずさえているのです。たとえ目には端的な様子が見えようとも、神は、地球上のあらゆる物事が、こうして時間(とき)を費やし、少しまた少しとあたかも醸(かも)しだされるかのように形づくられることを、その生成の主軸といたしました。時間をかけ、地道に、そして繊細に成されゆくその果てには、やがて豊かな“結実”がもたらされることでしょう。あなたがたも同様に、古(いにしえ)の先人たちより、実に長き時代(とき)をかけ紡ぎ出された、美しき深みを纏(まと)う存在です。神の叡智とも、人類の歩みの結晶とも申せましょう。単に、素材(材料)があるのみでは到底創り得ないのです。そしてまた、あなたがたには、元より世を彩るほどの深みと、さらにはこれより続く大いなる実りをもたらすほどの素晴らしき“種”ーーー 神の叡智、人類に歩みの結晶たる“魂”と、そして生き抜くための素質・能力がすでに備わっているのです。季節が順繰りと巡りゆくなかで、年月を経(へ)る度に地上の生命たちもまた順繰りと息づき、幾多の実りが地球にもたらされます。天を仰ぎ見れば恵みが降り注ぎ、地を見れば豊かな恵みが、あなたがた

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました