スポンサーリンク

第65回日本糖尿病学会の感想[7] イメグリミンがデビューしました

健康法
【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】

昨年9月に イメグリミン がいよいよ日本で発売されました.世界の先頭を切って日本で発売されるのは非常に珍しい例です.

しかも この薬の第Ⅲ相試験は すべて日本人の糖尿病患者を対象に行われています. つまり欧米人糖尿病患者の試験結果を日本人に流用したのではなく,日本人の治験データを基に承認されているのです.

発売元である大日本住友製薬( 現:住友ファーマ 社)のデータによれば,イメグリミンは 単独投与 又は 他の糖尿病薬との併用のどちらにおいても.HbA1cが 0.5~ 0.9% 低下するという結果でした.

しかし,このデータは 厳選された『優秀な患者たち』 を対象にして行われた治験によるものです. ですから,実際の臨床で用いられた時,どの程度の実力が発揮されるのかは不明でした.

また イメグリミンはメトホルミンとよく似た構造 であることから,その副作用もまた似ており,特に(重篤ではないものの)消化器症状が目立つことが 治験で見出されていました. この副作用についても,実臨床で多くの患者に投与された場合には,どの程度になるのかも注目されていました.

今回の学会では,

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました