スポンサーリンク

裁きの神よりのメッセ―ジ【“裁き”は魂の輝きのために】

その他
2022年6月15日「天界が人間に下し得(う)る “裁き”とは何か。それは、自らその(魂の)輝きを穢(けが)すことを、最大の罪と見なす。魂を穢すとは、各々が何ゆえにこの地球に再び転生し、何を成すべきかという“基点”を忘れ去り、愛を忘れ、和を乱し、我欲を貪(むさぼ)るままに時(=日々)を歩むことである。その意味では、単に“良し悪し”に神は断ずる(=判断する)のではない。むしろ、各々の魂にとりてもっとも適う人生の道筋、成すべき物事、あるべき姿、それらが見事にその者の“道”(=人生)として敷かれ、この道こそを、現象界という領域にて踏み外すことの無きよう、適う場、適う瞬間(しゅんかん)にて神は裁きを下すのである。天界の神々と契り交わしたその使命、己の本分を全うするか否かーーー 地上に降り立ちてより命尽きるその日まで、絶えることなく、そして飽くなきまでに、神はつぶさに(その姿が)照覧することを、人は今こそ深く解する(=理解する)べきだろう。裁きにて人の優劣(高低・尊卑)などつけるべくもない。裁きとして断ずるのは、他でもない、神とその者との魂の契約に則るがこそ。何もかも、人間たる生命のその麗しき輝きが地上に花開き、そしてまた人類の歩みの“燈火(希望・指針)”として煌々(こうこう)と世を照らすがため。」以上***※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、大変励みになります。

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました