スポンサーリンク

第65回日本糖尿病学会の感想[9] 糖尿病性神経障害

健康法
【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】



今回の学会では,教育講演とシンポジウムとで,糖尿病神経障害の基礎から最新情報まで まとまった解説が行われたので聴いてみました.

教育講演(専門医更新のための指定講演)13 『糖尿病性神経障害診断と治療のフロー』

シンポジウム23 『糖尿病性神経障害~基礎と臨床の融合を目指して~』  S23-1 糖尿病性神経障害overview S23-2 痛覚閾値検査(PINT)とビッグデータによる小径神経障害の機序の解析 S23-3 糖尿病性神経障害の治療の進歩 S23-4 糖尿病性神経障害の診断・評価法の進歩 S23-5 自律神経障害Update:心血管自律神経障害の探索

糖尿病性神経障害とは

糖尿病で高血糖が持続,又は 激しい血糖値変動があると,血管の内皮細胞は次第に壊れていきます. そして細い血管ほど早期に損傷していきます. 細い血管は,血管内面の表面積が相対的に大きいからです.神経細胞も細胞の1種ですから,栄養・酸素供給のために血管が寄り添っています. 神経が細ければ,神経血管も細くなり,したがって細い神経ほど早期に障害が発生します.

神経線維には 鞘に包まれた

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました