スポンサーリンク

いつか、そうなる日をワガママに妄想してみた。

医療機関
母はパーキンソン病。レビー小体型認知症の症状もあった。神経内科専門医の先生に診てもらっていた。 母方の祖父。両祖父母の中で、タナカ自身似ているところが多い。人の話を聴かず、寂しがり屋。祖母をある年3月に在宅で看取った後、祖父はその年12月に透析直後、病院で旅立った。祖父の残してくれたいろいろな書物を見直すと、旅立つ数年前から、母と同じパーキンソン病症状がある。よく考えてみたら、レビー小体型認知症症状もあった気もする。 そこで、今日は、こんな妄想をしてみた。パーキンソン病でレビー小体型認知症症状で、タナカ自身、母と同じ70歳くらいだったなら。 あと20年。今のザイタクの仕事を今から20年この仕事していたなら、いつも患者さんのとこへ走っていくのは正直、困難になってるだろう。親父みたいに細々と歯科診療所をやり続けてるなんて無理だろう。 パーキンソン病でレビー小体型認知症。そんなタナカは、介護保険を嫌い、医療を嫌い、病院なんて絶対に拒否。自由気ままに、ダラダラ暮らし、さみしんぼ。ノルディックウォーキングなんかも、少しはやるかもやけど、こんな暑い日は、扇風機とアイスノンを抱え、寝ては起きての、その日暮らし。洗濯3回まわし、クイックルワイパーでサササッとしてみるものの、いやあ、もしかしたら、今よりゴミ屋敷化してたりで、、、、それでも若いヤツの迷惑にはなり

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました