スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 9

その他
 神の詩 第五章十二節 9「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。いつでも澄み切ってすべてをありのままに映しだすものに、鏡があります。日本では、鏡は三種の神器の一つでもあり、天界に還り、神と合一するための道具の一つです。古代から現代まで宮中で伝わっている儀式に、「御鏡御拝(みかがみぎょはい)の行」というものがあります。この鏡の真意については、このギーターをよく理解出来れば自ずとわかると思います。自分で自分の眼球が見えないように、真の自分自身も直接は見えず、心の水面を通して知覚されます。人は、心に映る自分の像を自分自身とみなすことになります。心の鍛錬によって水面を静謐に保つほど、自分の本当の姿がよく見えてくるはずです。心の作用の止滅とは、この水面が完璧に静謐になり鏡のようになった状態を意味します。画家の東山魁夷がモチーフとしてよく使用した御射鹿池という池があります。ここは水面に森の景色がよくうつることから、最近は観光地となりました。対岸の樹々が美しく水面に反映されるのです。これはこの池が、地形的に風が吹きにくい場所にあることと、池の中に魚がいないため、水面が揺れにくいのです。池は、外側から風が吹いても、内側から魚が水中を泳いでも、水面が揺れ動きます。揺

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました