スポンサーリンク

第65回日本糖尿病学会の感想[12] インシリコって何?

健康法
【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】



薬物実験の論文を読んでいると,”in Vivo” と “in Vitro“という言葉に出くわします.

in Vivo

in Vivoの Vivoはラテン語で『生きる,生きている』という意味だそうです[★]薬物の作用や効果を調べるために,生きているマウスやラットに投与して反応を見る実験は in Vivo(生体実験)です.

[★] ビバ! = Viva!(万歳!)もここから来ています.

in Vitro

これに対して in Vitro とは,生物ではなく,試験管や培養シャーレの中で,動物の細胞などを培養しておき,これに薬物などを投入してその変化を観察する実験です. Vitroとはラテン語で『グラス,コップ』の意味なので,『試験管での実験』を表しているわけです.結果がわかりやすい実験ですが,ここで見られた変化が 必ずしも生体内で同様に起こるとは限りません.

新型コロナ流行の初期に,『新型コロナウイルスの入った液体に XXX化合物を投入したら,すぐに死滅した. XXXは新型コロナの特効薬だ!』などという報道があ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました