スポンサーリンク

がんの疑い。それでも受け入れてくれない医療機関。

その他
また、がんの見落としたあったらしい患者は80代女性そもそも検診ではなく、意識障害で搬送された医療機関での検査で肺がんらしい所見が確認されたようだ搬送時のCT検査で、救命医は「異常なし」と診断が、放射線科医は「肺がんの疑いの除外が必要」と,電子カルテに記載検査の必要性を伝えたが、そのカルテは結局、担当医に確認されることはなく、女性は検査されなかった2020年11月のことだそして今年4月、女性は呼吸苦などを訴え、同病院に入院再びCTを確認し、がんの見落としが発覚ステージ4の肺腺がんと診断された――1年半前、がんはどれくらいのものだったのか、今となってはわからないが、がんは確実に進行する病だ時々耳にする“見落とし”その原因が、大学病院などの科の連携不足のことも多いとても信じ難い現状である殊に私に至っては、“見落とし”からはじまっている“見落とし”という言葉には、人一倍敏感になっているのだ『早期発見・早期治療』という、がんの基本はどこへいってしまったのか...私たち一人一人が検査を受けても、病院で、しかも“連携不足”などという簡単なミスで見落とされてはたまったものではないそして先日、こんな話を聞いた  たまたま胸にしこりをみつけた  検査をしてもらうため  病院に電話をしたが断られた  理由は、  新型コロナウイルスの感染者の増加  市内の病院・クリニックの、  ありとあらゆる医療機関に問

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました