スポンサーリンク

グルコキナーゼ[2]

健康法
キナーゼと聞くと

グルコキナーゼは 『グルコ』+ 『キナーゼ』です.キナーゼというからには 酵素の仲間なのでしょうね.

話がそれますが,この『キナーゼ』という言葉を聞くと,すぐに 『ナットウキナーゼ』を思い出して 背筋が寒くなります.なぜなら 私は納豆が嫌いだからです.というか正確には好き嫌い以前の問題で,納豆から30m以内(← 30cmではありません)に近づけません.あの猛烈な臭いがどうもね.

(C) TokyoSky さん

もっともナットウキナーゼは,納豆に含まれる蛋白分解酵素の名前ですが,『キナーゼ』ではないそうです.ナットウキナーゼとは,[納豆菌] = [Nattoukin]に それらしく酵素の –azeを付けたもの. つまり,”納豆菌 + aze” でナットウキナーゼだそうです.どこまで人をおちょくるのか.

キナーゼとは

本来キナーゼとは『リン酸化酵素』のことです.キナーゼ酵素とは,対象物質に働きかけて リン酸基をくっつけてしまいます. そして,そのリン酸基は ご存じATPから供給されます.この反応を効率よく起こさせる介在人がキナーゼ酵素です.

グルコキナーゼとは

グルコース=ブドウ糖は,そのままでは生体細胞内では扱いにくい化合物です.それは この 面構えからもわかります.



で,

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました