スポンサーリンク

“がん”は、やっぱり特別で...。

その他
『日本人の2人に1人は 生涯、なんらかのがんになる』――日本人の半分ががんになるのだから、衝撃的な数字だが、これ、いつから“2人に1人”と言われているのだろう...私が乳がんになった15年前たぶん、すでに“2人に1人”と言われていたと思う4人家族の我が家は、母と私の2人ががんに罹患“データ通り”というわけだが、感覚的には、“1.8人に1人”...いや、もっとだろうか、増えているような気がするのだたとえば、乳がんだけで見るとこの15年の罹患率は、  ・23人に人(私の乳がんがわかった当初)    ⇩  ・20人に1人(治療をはじめてまもなく)    ⇩  ・18人に1人    ⇩  ・16人に1人    ⇩  ・15人に1人    ⇩  ・13人に1人    ⇩  ・11人に1人    ⇩  ・9人に1人(現在:2年ほど前から)...と、目まぐるしく変わっている  ちなみに、今から30年以上前では、  乳がんの罹患率は30人に1人だった特に13人に1人から、現在言われている9人に1人になるまでは、ほんの4~5年その罹患率はすでに欧米並みであるこれほどまでに増えているのに、未だ『日本人の2人に1人ががんになる』と言われているのは、今の罹患数を見越してのことなのだろうかこれほど多くの人たちががんになる時代しかもがんは、今では“生活習慣病”とも言われているもちろん、食生活や運動不足、過度な

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました