スポンサーリンク

11β-HSD1阻害薬[1] ホルモンはややこしい

健康法
11β-HSD1阻害薬とは,副腎皮質ホルモンであるコルチゾン/コルチゾールに作用する『11β-ヒドロキシステロイド脱水素酵素』を阻害する薬です.つまり相手はホルモンです.もうこの段階で頭痛がします.

ぞるばは 従来から『ホルモンはややこしいから』と敬遠してきました.その理由は以下のとおりです.

ホルモンがややこしい理由[1] 分泌が3段階制御だったり

ホルモンを分泌する器官はそれほど多くはありません.脳下垂体,(副)甲状腺,副腎,膵臓,生殖腺などが主なものです.しかし,ホルモンが他の生理活性物質と際立って異なるのは,その分泌が単純ではないことです.

副腎皮質ホルモンの一つであるコルチゾールの例ではこうなっています.

脳のイラスト(C) ミツキ(MiMi)さん/腎臓と副腎イラスト (C)acworksさん

副腎皮質ホルモンは,名前の通り 副腎皮質から分泌されるのですが,実はその分泌は,脳の下垂体前葉から指令されているのです.そして 下垂体前葉もまた視床下部の命令で動いているにすぎません.つまり3階建て構成で分泌されます.この視床下部(Hypothalamus)-下垂体(Pituitary)-副腎系(Adrenal)という3階建ての命令体形は,その頭文字をとって HPA軸(HPA Axis)と呼ばれます.

なぜこんなことになっているのでしょうか?

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました