スポンサーリンク

人それぞれ違う

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!          みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生ですリザーバー研究会が終わって、ホッとしたのも束の間で、気を抜くなと言われてるかのように、忙しくて、そして、厳しい治療に向き合わないといけなくて本当に気が抜けませんねなんとも厳しい世界です今日は、癌カテーテル治療の難しさについてヒトの血管、動脈は基本的な走行は決まっているのですが、パターンがありますAタイプ、Bタイプ、Cタイプのような感じで概ね多いパターンはありますが、人それぞれ違いますその違いを、血管の破格と呼びます例えば、肝動脈の場合、通常、固有肝動脈から左、中、右の肝動脈に分かれるのが一般的ですつまり、1本から3本に分かれて肝臓の隅々まで栄養が届けられるようになっていますが、中には、2本が3本に分かれるタイプやもともと3本に分かれているタイプなどがあります2本からとか3本というタイプは、腸の動脈や、胃の動脈からも肝臓の動脈が分かれているという特殊なものですなぜ、この動脈の分岐の話をするかというと、すべての方が同じであれば、いつも同じように、がんカテーテル治療をすれば良いのですが、人によって異なるので、それに対応する必要があるということになりま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました