スポンサーリンク

在宅医療のトップランナーたちに告ぐ。真剣になれ。

医療機関
ある友人と話をした時、こんな単純な話が出た。
 
在宅医療って、ぶっちゃけ、この20年でメジャーになったん?
あんま、周りでは聞かへんし、どうなん?有名人も、聞かへんよ。
そう言えば、この前のYOUTUBEの関本剛先生って、
在宅医療をされてたん?あの人くらいしか知らんわ。
 
 
 
在宅医療元年の1986年、訪問診療という概念ができた。
その20年後の2006年に在宅療養支援診療所がスタート。
 
その16年後の2022年。今、在宅医療はどうだろう?
 
この36年は、携帯電話の発展抜きに語れない。
携帯電話が在宅医療のもっとも重要なツールである。
この携帯電話の質の改善は、皆さん周知の事実だ。
 
 
しかし、どうだろう?
この携帯電話の普及とともに在宅医療も普及したか?
 
答えは NO だ。
 
携帯電話の普及は、全国民100%近いのに、
在宅医療そのものは、利用率はさておき、
実際、認知度さえもかなり低い。
 
在宅医療なんて、患者側からしたら、
携帯電話みたいに発展を期待するどころか、
認知すらしていないのが一目瞭然だ。
 
この36年の中、在宅医療で有名になったのは、
関本剛先生のYOUTUBEとコロナ在宅くらい。
 
 

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました