スポンサーリンク

インフレに弱い個人年金保険よりiDeCoがオススメ

内科医

おはようございます。
老後のお金が心配というのは皆共通した悩みのようで、世の中には個人年金保険が無数に存在します。
ところが、個人年金保険は資金が拘束されるうえにインフレに弱いという致命的な弱点があります。
年齢が若く20年以上の運用期間が確保できるのであれば、個人年金保険よりもiDeCoを活用して株式投資信託で運用するほうがベターです。
本日はその理由と個人年金保険の使いみちについて考察します。
 
インフレに弱い個人年金保険よりiDeCoがオススメ
インフレに弱い個人年金保険よりiDeCoがオススメ
個人年金保険は資金拘束される上にインフレに弱いのが致命的
個人で年金を用意するならiDeCoで株式投資信託で運用する
個人年金保険を利用するなら生命保険料控除の範囲内で
まとめ


 
個人年金保険は資金拘束される上にインフレに弱いのが致命的
現金は流動性を保っているからこそ価値があると思います。
よほどの好条件でない限り、現金を20年〜30年にもわたって拘束されるリスクは避けるべきです。
途中解約しない限り元本保証されている商品であったとしても、本来理想的なインフレ率であるとされる2%のインフレに対抗できない商品に資金を拘束されるのは危険です。
 

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました