スポンサーリンク

iDeCoとつみたてNISAで月5万円の投資を確実に実践しよう

内科医
おはようございます。
最近、海外ETFに関する記事を中心に書いているため、海外ETF投資に関するご質問をいただくことが増えました。
・おすすめのETFは何か?
・アセットアロケーションはどうすべきか?
・ドル転の方法、おすすめの購入方法は?
などが代表的なご質問になります。
しかし、よくよく聞いてみますと、iDeCoやつみたてNISAなどの非課税制度を利用せず、直接海外ETF投資にチャレンジしようとしている方がいらっしゃいます。
確かに、ドルで超優良ETFを買い付け、ドルで配当金を得てドルのまま再投資をすること自体に大きな価値があると思います。
とはいえ、iDeCoやつみたてNISAの非課税メリットを上回るものではありませんから注意が必要です。
 
iDeCoとつみたてNISAで月5万円の投資を確実に実践しよう
海外ETFと投資信託のパフォーマンス差は小さい
近年、国内で販売されている投資信託の信託報酬が劇的に値下げしており、コスト面におけるETFの優位性は無くなりつつあります。
2017年までは、VTに投資をしたくても、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動する低コストな投資信託が存在せず、直接VTを買い付けるしか方法がありませんでした。
しかし、2017年後半に楽天・バンガード・ファンドが登場してからは、「本家ETFの経費率+0.1296%」という信託報酬で日

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました