スポンサーリンク

茨城縣護國神社②本殿【神々への礼賛】

その他
「他人や、あるいは世の中に“役に立つ”という言葉には、素晴らしい響き(=魅力的な意味合い)がありますが、しかしながら単に “役に立つ”“役に立たない”ということで、到底この世(社会・人々)は断じれる(=きっぱりと決める)わけではないと、わたくしたちは思うのです。なぜなら、この世はありとあらゆる人、事象、流れのさなかにどれ一つとして単純に成されているものはなく、ましてや、人間という、これもまた繊細かつ奇跡的な生命の営みによって、長らく息づく(=現に種(しゅ)としてこの世に存在し続けている)のですから、単に、“役に立つか否か”と言う感覚自体が、本来は意味をもつものではありません。そしてまた、たとえ“役に立つから”として、これに自らの人生(命・時間等)を投じることさえも、時として、もしかしたら実に狭き感覚(狭い視野)から論じているのではないでしょうか。大前提として、すべてこの世に在(あ)る者は、必要とされ、いいえ、さらに申せば、けして欠けてはならぬ唯一無二の存在として神々に見守られ(=認められ)、この世の“一員(一要素)”となっているのです。ゆえに、今もし、あなたがたのなかで自らの存在意義を見い出せず、虚無(虚無感・落胆)のさなかに沈む方があるならば、どうか今一度、何のしがらみ(縛り・制約・固定観念)もなく、ただただ、命そのものの尊さを感じていただきたいのです。あなたのその命がいつか天へ

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました