スポンサーリンク

“再発”という覚悟。

その他
たくさんのがん患者の方たちとお会いして、たくさんのがん患者の方たちの話を聞いてきたそこにはたくさんの不安と恐怖、孤独が隠されているがんの部位こそ違っても、抱えている心の闇は同じ生活している環境は違っても、背負っている不安は同じそれは、再発”という現実だ「がん告知を受けたときより 再発を告げられたときのほうが ショックだった」と、ほとんどの人が口にしていた再発がなにを意味するのか、みんな理解しているからだ『私だったらどうだろう...』そう想像してみた『きっと私は、冷静だろうな』と、思っていたが、意外にも、「わーっ」と、大泣きしている自分がいた「いつまで生きられるかわからない」そう、わんわん泣いているのだもう充分生きてきた子どもの成長を見守る必要もない「未練がない」と言えば嘘になるかもしれないが、どこかで覚悟を決めている自分もいるいや、実際にそうなってしまったら、きっと足掻くのだと思うが...万が一、そうなってしまったら、積極的な治療は受けないかもしれないそれは、決して“諦め”ではなく“自分らしく”生きるためにそう、最期までこれまで、たくさんのがん患者の方たちと会ってきたたくさんのがん患者の方たちの話を聞いてきたたくさん、たくさん考えさせられた“がん”は、選択肢がたくさんある病だと思ったそれは治療に限らず、生き方もみんながきらきら輝いているのは、大変な思いをしてきたからきらきら輝きたい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました