スポンサーリンク

老後に自分の積み上げた投資信託を取り崩すのが不安

内科医
おはようございます。
当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 
いつも大変楽しく拝読しております。
誠に恐縮ながらお聞きしたいことがあり問い合わせをさせて頂きました。 投資信託の出口戦略についてです。
私は現在積立投資としてeMaxis Slimオールカントリーを積み立てています。
例えば将来私が60歳で退職・積立を終了し、60歳までに積み立てたeMaxis Slimオールカントリーで老後を生活しようと思った場合には毎年少しずつ取り崩していく事になると思います。
私はかなりの心配性なので自分が60歳までに積み立てた人生の証とも言える投資信託を取り崩し毎年目減りしていくのは正直不安になると思います。
それならばVYMやBNDなどの高配当株(債券)で毎年3%前後の安定した配当を受け取り、60歳からは再投資を行わずにその分配金で生活していった方が元本が目減りしないので精神的な安定も得られるかと思いました。 (分配金だけで生活できるくらい積み立てられるかどうかは不透明ですが)
この考え方についてちゅり男様のご意見を賜る事が出来れば幸いです。
また現在私は20代なので株100%で投資を行っておりますが、年齢に合わせて徐々に債券にも比率をシフトしていきたいと思います。
例えば投資信託から債券ETF(例えばBND)に切り替えていく場合には投資信託を一部日本円に変えた後にドル転して

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました