スポンサーリンク

乏血性 急速増大の肝臓がん

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんこんにちは2代目ガンちゃん先生です神戸での講演会の反響はすぐにあり、岩本内科へ治療の相談の問い合わせが数件ありましたやっぱり、今の病状経過に困っておられる患者さまがまだまだ沢山おられるかと思うと何としないといけないというそんな思いでいっぱいになります本日、ご紹介しますのは近畿地方からご来院の患者さま岩本内科で門脈動脈同時塞栓療法を再発に対して行っていた患者さまです今回は造影CTで見てみますと通常の肝臓がんは動脈相で白く見えるのが典型的な画像なのですが、灰色もしくは黒の状態で写っておりますこの様な肝臓がんは乏血性(血液の供給が乏しい)癌と言って、高分化型という癌は癌でも性格がおとなしいものか、逆に低分化という悪性度が高いもののどちらかを考えます造影CTでは乏血性とみなされても、アンギオCTを撮りますと意外としっかりと動脈血流が入る場合が多いですカテーテルで想定される癌の動脈へ速やかに挿入し、しっかりと圧をかけてゆっくりと薬剤を投与し、塞栓いたしますもともとこの様な乏血性の肝臓がんはカテーテル治療で薬剤が貯まりにくい事が知られていますが、丁寧に、しっかりと癌の動脈まで挿入し、圧をかけてじ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました