スポンサーリンク

鎌倉 錢洗弁財天宇賀福神社 本殿【お金も縁も、彩り豊かに巡らせる】

その他
(前回【Rinokiaのひとり言】)(筆者が神に問いました:「お金を洗うことの意味とは何でしょうか?」)「錢(=お金)を洗うのは、多くの人の手から手へと渡るなかで自(おのず)ずと付いた欲をはじめとする想念や、他(他人)が込めた想いなどを洗い流すこと、つまりは(欲などの)“穢(けが)れ”を禊(みそ)ぐためでもあります。得てして人は、錢というものに心移ろいやすく(=浮き沈みや心変わりをしやすく)、そうした所業も含め、すべてあなたがたが持つ(手にする)錢にも深く沁(し)み込んでまいります。それらはまた実に重たい波動となり、次に持つ(お金を手に入れた)人の活動、さらには昌運さえも遮(さえぎ)るものとなるでしょう。ただし、この“禊ぎのため”というのは、本来の錢洗いの意味としてはごく一面に過ぎません。われら(神々)の願いとは、より先んじた(=前向き)物事へ向けてです。錢を用いることで、人から人へ様々な物事が行き交います。互いの関わりを促進し、(お金を介することで)より発展的な関係、あるいは物事が展開していくことでしょう。そうした、人間の住まう地(=現象界)での互いの関わりに、まさに“水”のごとくに流れゆく(=巡っていく)錢こそは、何よりも適した介在(※両者の間をとりもつ存在)となります。縁(えにし)もしかり、人の世は、巡り巡って実に多様な姿(様相)と、そして人間模様を表します。こうした人の世の

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました