スポンサーリンク

不動産投資をブログで強くおすすめしない理由は?

内科医
おはようございます。 
当ブログの読者の先生から、不動産投資について以下のご質問をいただきました。
ちゅり男先生
 
はじめまして
いつも有用な情報発信有り難うございます。
当方あんこ太郎と申しまして、30代前半で関東にて勤務医をしている者です。
一度先生に不動産投資に関する考えを伺いたいと思っておりました。
 
私は不動産投資には未参入でありセミナー、コミュニティ参加、業者面談などで準備中の身です。そこで先生のご意見を参考にさせて頂きたく存じます。
業者の悪徳スキームにはめ込まれない程度の知識を持っているという前提で、エリアや構造、業者を選定し融資によるレバレッジ効果を利かせれば金利、空室率、ランニングコストを加味しても、投下資金の対する利回りはインデックス投資を上回るように思えます。
 
(ざっくりとしたシュミレーションの例で申し訳ありません)
自己資金2000万で1億の物件を購入し、空室率やランニングコスト、返済を差し引いた利回りを2-3%を得られたとして年間手取り200-300万。
投下資金に対する利回りは10-15%
もちろん税引き前であることや融資の引き締めが進む状況もあります。
それでも属性を利用したフルローン〜自己資金1割程度の案件がまだまだ望めるとすると利回りは20-30%以上となります。
減価償却や法人による運営を利用すればさらに手残りを望めるかと思います。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました