スポンサーリンク

岩本内科での肝臓がんに対する動注療法のスケジュール

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生ですアメリカ肝臓学会明けの岩本内科での治療、業務はたくさん溜まっていて大変でした・・・・でもですね・・・やっぱり、岩本内科はですねみんなが一丸となって、ガンばっているので、どんなに忙しくても、ガンばれちゃうんですということで、本日ご紹介しますのは、10cmを超える進行肝臓がん Stage 4Aの方なんか、最近、典型的な肝臓がんではなくて、ちょっと非典型的な肝臓がんに巡り合う機会が多い気がします典型的な肝臓がんとは、門脈造影下CTで黒く肝動脈造影下CTでほぼ均一に白くなるのものなのですが、この方の肝臓がんは肝動脈造影CTでも内部が黒くもこもこしていますこの方は、内服の抗がん剤を先に投与されていて、副作用で継続できず、効かなくなったこともあって、岩本内科に来られた方ですので、内服の抗がん剤の後、効かなくなってくるとこういう癌の育ち方をするのかもしれませんこの方の肝動脈は右肝動脈が腸の動脈から、中、左肝動脈は腹腔動脈から分岐しているタイプでしたアンギオCTでガンは右肝動脈から栄養されていることが分かりましたので、カテーテルを留置し、肝動注化学療法New

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました