スポンサーリンク

魅惑のタイムスリップ

内科医
  今年のお盆は少し長い休暇を頂いて,かみさんと中欧の三都市,ウィーン,ザルツブルク,プラハに6泊8日で旅行してきました.  言うまでもなく,いずれも数百年にわたり栄華を極めたハプスブルク家ゆかりの,芸術と文化の香り豊かな都市です.  ウィーンは,かつて街を取り囲んでいた城壁と堀を撤去したあとにできた,その名もリング通りという大きな環状道路の沿線とその内側の旧市街を中心に,シェーンブルン宮殿,ウィーン国立歌劇場,楽友協会ホール,ウィーン美術館,ホーフブルク宮殿,シュテファン寺院といった荘厳かつ豪華な建築物や,マリアテレジア始めハプスブルク家ゆかりの人たちやヨハンシュトラウスなど芸術家たちの銅像が数多く残っており,多くの観光客も訪れて生き生きと活気づいていました.  ウィーンから快適なオーストリア版新幹線Railjetに乗って訪れた古都市ザルツブルクでは,昨秋芸大卒業後にザルツブルクモーツアルテウム大学に留学してコントラバスを学んでいる姪が,すっかり流暢になったドイツ語を駆使してあちこち案内してくれました.  モーツアルトの生誕地として,そして100年近い歴史を持つザルツブルク音楽祭で有名なこの街は,こじんまりとはしていますが,街のシンボルであるホーエンザルツブルク城から眺める古い建造物や教会の立ち並ぶ街並みは,中世の面影を色濃く残し

リンク元

内科医
スポンサーリンク
Dr Ohkadoをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました