スポンサーリンク

毛穴が目立つ7つの原因と対処法

外科医
■自己流の毛穴ケアでかえって悪化
「しみ」「くすみ」「たるみ」「しわ」「脂性肌」「にきび・吹き出物」「乾燥肌」など、いろいろなお肌の悩みを抱え、多くの患者さんが来院されます。その中でも特に多いのが「毛穴の開き」や「毛穴の黒ずみ」といった「毛穴」に関する相談です。
年齢性別を問わず多くの方が毛穴に悩まされ、自己流で毛穴パックをやったり、毛穴の黒ずみを洗顔ブラシなどでこすって落とそうとしたり、毛穴の詰まりを指や爪で圧出したりしています。
毛穴パックはやりすぎると、毛穴まわりの皮膚の角質も一緒に引きはがしてしまい、肌を傷めてしまうことがあります。また、洗顔の際に強くこすりすぎると、必要な角質まではがしてしまい、皮膚のバリア機能が破壊され、乾燥肌や肌荒れの原因となってしまいます。さらに、不潔な指や爪で毛穴をいじると、細菌が入って化膿することがあり、その炎症によって組織が破壊されると陥凹性瘢痕となり、毛穴以上に目立つ跡になってしまうことがあります。
このように自己流のケアはリスクが伴いますので、自己判断で毛穴をいじるのはやめ、専門家にまかせるのがベストです。
毛穴が目立つ主な原因は7種類あり、医師の診察によって原因を明らかにし、原因別に適切な治療法を選ぶのが最良の方法です。
 
■毛穴が目立つ7つの原因
毛穴が目立つ原因は以下の7種類あります。
1.角質のターンオーバー異常による

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました