スポンサーリンク

大谷選手が靭帯損傷の治療でおこなったPRP注射は薄毛の最新治療としても有効

外科医
■大谷翔平選手が靭帯損傷の治療でおこなったPRP注射とは?
アメリカ大リーグ・エンゼルスで活躍中の大谷翔平選手は、右肘の靭帯を損傷した際に、PRP注射という治療を受けました。他にも、田中将大投手をはじめ、多くのスポーツ選手がケガの際におこなっているこのPRP注射ですが、美容医療の分野でも大人気の治療で、当院でもほぼ毎日のようにおこなっています。
PRPとは、Platelet Rich Plasmaの頭文字を並べたもので、日本語では「多血小板血漿」という難しい名前がついています。「血小板を多く含む血液成分」という意味です。
血液の中には、赤血球、白血球、血小板などいろいろな細胞が含まれていますが、その中から血小板という細胞を主に取り出し、濃縮したものを注射する治療がPRP注射です。
PRP注射は、細胞を利用して臓器や組織を再生させる「再生医療」に分類される最先端治療です。
平成26年11月25日に施行された「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」により、この治療を行う場合には厚生労働省の厳しい管理の下に行われます。よって、この治療は、厚生労働省の認可を受けたクリニックでしか行うことができません。当院はこの認可を受けています。
 
血小板には、細胞をどんどん増やし、活性化し、元気にしてくれる様々な種類の「成長因子」や「増殖因子」が豊富に含まれています。
例を挙げると、
P

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました