スポンサーリンク

含み益が減った時は低コストの投資信託に乗り換えるチャンスです

内科医
おはようございます。
米国中間選挙後も一気にリスクオンにはならず、株価は一進一退を繰り返しています。
8月〜9月の株高局面で高値で掴んでしまった方には厳しい局面ですが、VTIやVTのように長期で上がっていく可能性の高い銘柄であれば大きな心配はいらないでしょう。
さて、株価が下がって含み益が減った時にぜひ検討したいのが、昔購入した手数料が割高な投資信託の乗り換えですね。
本日は、投資信託を乗り換えるべきタイミングについて考察します。
 
含み益が減った時こそ低コストの投資信託に乗り換えるチャンスです
本格的な調整局面に入りますと、証券会社の口座画面を開くたびに含み益がどんどん減っていきますので、精神衛生上非常に悪いですね。
調整局面に直面するたびに、含み益は所詮「含み」益であって、利益確定するまでは真の利益ではないことを痛感させられます。
とはいえ、私自身、今までの投資経験からタイミングを狙った売買のセンスがないことを十分に理解していますので、長期で保有すれば確実に上がるであろう銘柄に絞って長期ホールドする方針を貫いています。
それが、VTであり、VTI、VWOだと思っています。
PC画面を見るたびにお金が減っていくのは気分悪いですが、祈っても株価がすぐに上がるわけではありませんから、こういう時ほど冷静に何か打てる手はないか考える必要があります。
個人的に、含み益が減った時に真っ先

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました