スポンサーリンク

神の詩 第二章第二十七節 1

その他
神の詩 第二章第二十七節「生まれた者は必ず死ぬ。死んだ者は必ず生まれる。だから、汝はこの避けられないことを嘆くべきではない。(二十七)」この世界で、いまだかつて肉体の死のない命など存在していません。この物質世界に生まれた瞬間から、いずれ死ぬことは運命づけられています。それは当たり前のことのため、誰も人は死ぬのか死なないのかという疑問すら起こりません。浄土真宗で七高僧の第一祖とされる紀元21世紀のインドの高僧である龍樹(ナーガールジュナ師)は、つぎのように語ったとされています。「命は、千の病気という雪片に揺らめき、流水に発生する泡よりも壊れやすい。」「寝ている時は穏やかに息を吐き、吸っているが、生きて目が覚めるかどうかはわからないこと。」死は、いずれ誰にでも適切な時期に突然やってくるもの。どんなにお金持ちでも、どんなに強大な権力を持っていても、どんなに強い戦士であっても、死に対しては避けることが出来ません。悟りを開いた偉大な聖賢たちであっても、肉体の死を避けることはありません。道元禅師の「正法眼蔵」の「生死の巻」に薪と灰の話があります。「薪は灰になる。さらに返りて、薪となるべきにあらず。薪は薪の法位に住してさきありのちあり。前後ありといえども、前後際断せり。灰は灰の法位にありて、のちありさきあり」薪を燃やせば、いずれすべてが灰になります。それが一般的な見方、考え方です。でもそのような

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました