スポンサーリンク

VTI、VEA、VWO、VTの10年間の分配金推移まとめ

内科医
おはようございます。
バンガード社のETFは3月、6月、9月、12月の年4回に分けて分配金が支給されます。
もちろん、分配金はドルで支給されますので、円に戻さない限り日常生活で利用することはできません。
日本円は給与所得だけで十分ですので、実際にはドルのまま保有し再びETFに再投資しています。
分配金を得るたびに日本国内および外国での課税を受けますので、資産形成の効率は下がります。
しかし、分配金が毎年積み重なっているという事実は長期投資継続の大きなモチベーションになりえます。
そこで、本日はVTI、VEA、VWO、VTの売れ筋ETFの最近10年間の分配金の推移について検討します。
VTI、VEA、VWO、VTの10年間の分配金推移まとめ
世界分散投資を考えた場合、「VT一本」か「VTI+VEA+VWO」
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)は一本で世界全体の株式市場に時価総額加重に応じて分散投資できるのが魅力です。
経費率も0.10%と数年前と比較してかなり低くなってきており、長期投資に値する商品と言えます。
一方、世界分散投資を考えているが、米国、米国以外の先進国、新興国の投資割合を自分の好みに応じて変更したいという方もいるでしょう。
その場合の有力な選択肢が「VTI+VEA+VWO」です。
以下の記事でまとめた通り、3分割以外にも2分割や4分割する方法もあ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました