スポンサーリンク

肝臓がんに対する肝動注リザーバー療法ガイドライン

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です昨日は大学で研究の日でしたが、肝臓がんの破裂の患者さまが救急車で来られたので、緊急で治療をしました 汗肝臓がんに対するカテーテル治療を積極的に行っている私、2代目ガンちゃん先生ですが・・・最近の日本全体の流れ、世界の流れからするとカテーテル治療は全身の抗癌剤治療に押され気味ですこれは、様々な種類の全身抗癌剤が肝臓がんで使える様になってきているからです加えて、カテーテル治療はどうしても技術や経験が必要ですので、一般化するのが難しいためです特に、カテーテルを体に留置(据え置く)する肝動注化学療法(肝動注リザーバー療法)は風前の灯火と言われてもおかしくない状況なのですそれを打開するために、肝動注リザーバー療法ガイドラインというのが昨年作成されました私もそのガイドライン作成委員会に入る事ができましたので、その作成に携わりましたそのガイドラインがカテーテル治療を行う専門家が集まるIVR学会のホームページに掲載されております参考までにリンクを貼っておきますね肝動注リザーバー療法ガイドライン  ←クリックするとリンクに飛びます肝動注リザーバー療法は手技的に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました