スポンサーリンク

医師の働き方改革とは…

内科医
  先日は医師会の急病診療所の夜間当番でしたが,この時期だけあって当日はインフルエンザの患者が山ほど来院,さすがに疲労困憊でした.  さて,少子高齢化による労働力人口の減少や過重労働による過労死やうつ病がクローズアップされてきた昨今,今この国のホットな話題は「働き方改革」とやらで,長時間労働や正社員と非正規の格差などの問題が熱く議論されています.  時間外労働の上限も厳しく決められるようですが,高度な専門職についてはその例外となる見込みで,特に我々医師の場合は,年間の残業時間が1900〜2000時間と,まさに上限などあってなきがごとし,医師は過重労働で死んでもいいということか?など予想通り多くの反発が出ているのは知っての通りです.  他の職業とは異なり人の命を預かる仕事をする医師は,使命感や倫理観で滅私奉公するのが当然で,報酬や労働時間について議論することは一種のタブーという雰囲気がありましたし,私たちもそんなものだと思ってきました.そもそも,帰宅時間になったから手術中であっても中止して帰宅するとか,受け持ち患者の具合が悪くても休日だから見に行かないといったことは実際には不可能ですし,患者の家族が病状の説明を希望すれば,日曜祝日でも出勤していたわけです.  ですから,この仕事に限っては労働基準法などどこ吹く風で,明らかに過重労働とわ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました