スポンサーリンク

現 状。

しこり発見から20年がん告知から15年半乳がん手術(+腋窩リンパ節郭清)から15年放射線治療から15年ホルモン療法終了から10年その後、局所再発の疑いで細胞診+組織診さらに、対側乳がんの疑いで細胞診――長かったな...いろいろあったな...でも、終わりじゃないきっと終わりはない体調不良も未だ継続中まさに、「一度、身体にメスを入れると 元には戻らない」「がん治療をすると、 元の身体には戻れない」...を、実感であるおっぱい切除の痛みも未だ残っている腋窩リンパ節郭清の痕は、ほぼ毎日痛みがある状態時折、チクチクと痛むことがあれば、ズキズキと強く疼くこともある皮膚の感覚も鈍いままだ可動域は広がったとはいえ、わきの下の痛みで、腕は動かしづらい時々、炭酸が流れているように腕全体がしゅわしゅわすることがある指先まで痛みに包まれることもある腕全体に浮腫みもあるし、昔の指輪は、もう入らない (締めつけてはいけないので、  つけるつもりもないが...)放射線治療終了から11年以上経ってから現れた、おっぱいの痒みは、晩期副作用なのだろうかもう4年、痒い状態が続いている“がん”は、一度経験してしまうと、身体は元には戻らない心も“がん”に囚われたまま再発の不安は一生拭えなければ、がんであることを忘れることもできない治療が終われば、体調が戻ると思ってた治療が終わったら、また元気になれると思ってた「このまま一生

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました