スポンサーリンク

リスクオフにより株式からコモディティへ資金が移動

内科医
おはようございます。
2022年2月以降、インフレやロシアのウクライナ進行などの影響で株式市場は調整局面を迎えています。
株式から逃げた資金がどこに移っているかですが、その1つとして金を始めとするコモディティ(商品)が挙げられます。
詳しくは以下の記事を参考にしてください。
jp.wsj.com
そこで、本日は金などのコモディティ投資の考え方について考察します。
リスクオフにより株式からコモディティへ資金が移動
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. コモディティ、特に金への投資判断について
2. コモディティへの分散投資は有効だが、有事になってからでは遅い
3. アセットアロケーションを決定し、リバランシングで対応するのが適切
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. コモディティ、特に金への投資判断について
ポートフォリオの一部にコモディティ(商品)を組み込むことには一定の意義があります。
コモディティの中で投資対象としてメジャーなのが貴金属であり、その中でKingとも言うべきなのが「金」です。
金への投資方法は金貨、純金、投資信託、ETFなど様々ですが、保管や流動性などを考慮しますと金ETFが最適と言えます。
 
ポートフォリオに金を組み込む意義については、以下の記事で考察していますので参考にしてください。
www.churio807.com
www.churio8

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました