スポンサーリンク

若い方が高配当株一辺倒というのは夢がない気がする

内科医
おはようございます。
昨日の記事で、高配当の個別株投資には銘柄選択の難しさがあり、少なくとも10銘柄程度の分散が可能な資金力がないと難しいことをお話しました。
その点、VYM、HDV、SPYDといった高配当株ETFであれば個別株のリスクをうまく軽減しつつ、そこそこのキャピタルゲインと配当の両取りが可能です。
逆に言えば、値上がり益も配当金も中途半端ではあるわけですが、そのあたりをうまく理解した上で活用できればよいですね。
ただ、私自身は若いうちから高配当株一辺倒というのは少々夢がないかなという感じがしています。
せっかく米国市場に投資をするならば、世界経済、各業界をリードする超一流企業にも投資をしないと面白みがないと思うのです。
若い方が高配当株一辺倒というのは夢がない気がする
若い方がETFで米国株投資をするならば今が旬な企業も取り入れよう
あくまで私個人の意見ですが、若い方がETFを介して米国市場にアプローチするならば、今が旬である米国の超一流企業を外す積極的な理由はない気がします。
具体的には、AmazonやMicrosoft、Googleなどのテクノロジー銘柄、VISAやMasterCardなど圧倒的なシェアを誇る決済サービスですね。
これらは参入障壁が比較的高く、圧倒的なワイドモートを有しており、それでいて高成長を続けている銘柄です。
AmazonやGoogleは無配で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました