スポンサーリンク

第65回日本糖尿病学会の感想[6] 合併症リスクは糖尿病のタイプによって異なる

健康法
【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】

今回の学会で 糖尿病の新分類に関連する発表がありました. しかし,それを紹介する前に(長い)前置きが必要です.

二人の2型糖尿病患者

こういう例があったとします[架空の例です]

患者 Aさん ・38歳男性 身長 172cm 体重97kg BMI= 32.8 ・GAD抗体陰性 ・空腹時血糖値 = 134 HbA1c = 7.5%

患者 Bさん ・38歳女性 身長 152cm 体重40kg BMI= 17.3 ・GAD抗体陰性 ・空腹時血糖値 = 134 HbA1c = 7.5%

二人ともGAD抗体は陰性,したがって1型ではなく2型糖尿病です.空腹時血糖値・HbA1cはまったく同じで,軽~中度の糖尿病です. しかし同じなのはそこまでで,二人の体格は倍以上も違います.そして二人の糖負荷試験はこうでした.



どう考えてもこの二人は違う病態ですね. つまりこの二人をひっくるめて『どちらも同じ2型糖尿病』というのは実に乱暴なのです.どこをどう見れば二人は『同じ』になるのでしょうか.Aさんは糖負荷試験で十分すぎるほど多量のインスリンが分泌されているので,肥満によるイ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました